Fusion360でレーザー加工機データを作る

正確な寸法で設計できるCADソフトのデータで、レーザー加工ができないかと探してみたら、ちゃんとありました。

FUSION360のデータをIllustratorで読み込む方法

早速Fusionで簡単な図面を引いて、スケッチをDXF形式で出力。これをIllustratorで読み込み、切断箇所のパスを指定の色と太さに変更。

2.5mm厚のMDF材を正確に切り出すことができました。レーザー出力が弱くて、加工時間がかかるのが難点。

(追記:アクリル板の切断加工)

MDF板と同様に、3mm厚のアクリル板を切断してみました。透明板ではレーザー光が通過してしまうため、黒色板を使いました。時間はかかりますが、切断も可能です。

  • 出力 100%
  • 速度 1mm/s
  • 反復 2回

なお切断速度については、もう少し速くてもよさそうです。

  • ラワン材2.5mm厚 5mm/s    3回繰り返し
  • MDF材2.5mm厚  2mm/s 2回繰り返し
  • アクリル3mm厚  1-3mm/s 2回繰り返し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください