レーザー加工機での試作

レーザー加工機FABOOL Laser CO2を使って、テスト加工を行っています。

2mm厚のMDF版の刻印と切断は、学生くんがすぐにsmart createrソフト内蔵データを使ってテストデータを用意してくれました。ネームタグ程度のサイズなら、データ作成も加工もほんの数分! ソフトの扱いも分かりやすいと好評。加工表面にヤニがつくので、マスキングテープを貼ってから加工すると綺麗に仕上がりました。

左端がマスキングテープを貼って加工したもの

念願の透明アクリル板も、綺麗に切り抜けます。刻印の深さ調整も図形ごとに任意にでき、これは実用になりますね。

画像や文字部分の刻印は、ドローソフト(Illustratorなど)で、アウトライン化しておく方がきれいに縁取りできる。

真ん中がマスキングテープを貼ったもの

  • 刻印
    ハッチング  0.1mm(水平)
    速度           2000mm/min
    パワー        50%
  • 切断線
    速度           1000mm/min
    パワー        80%
    繰返し 2回

加工時間は3分余り

透明アクリル板の加工(3mm厚)

  • 刻印
    速度 2000mm/m
    パワー 50%
    ハッチング 0.1
  • 切断
    速度 1000mm/m
    パワー 80%
    繰返し 2回